緑豆春雨とはとむぎの中華風〈くらし薬膳〉

緑豆春雨とはとむぎの中華風

調理時間:20分
材料(2~3人分)

  • 緑豆春雨      40g
  • ハトムギ      大さじ1
  • 黒きくらげ     3g
  • とうもろこし    40g
  • 焼き豚       30g
  • 松の実       少々
  • 白ゴマ       大さじ1

  • 調味料 しょうゆ  大さじ2
  •     酢     大さじ2
  •     はちみつ  大さじ1
  •     ごま油   小さじ1

 
●作り方 
1. 緑豆春雨は茹でて適当な長さに切り、ハトムギは水で戻して柔らかくなるまで茹で、黒きくらげは水で戻してさっと湯通し、焼き豚は細切りにしておく。
2. ボウルにAを混ぜ合わせ、緑豆春雨、ハトムギ、黒きくらげ、とうもろこし、焼き豚を入れてよく和える。
3. 白ゴマをすって加えよく混ぜ合わせる。
4. お皿に盛り付けたら松の実をトッピングする。
 
●コメント
熱タイプの便秘、潤い不足の便秘にオススメです。
詰まりタイプ(お腹がはって苦しい便秘)の人は、大葉やカイワレ大根をトッピングしてください。
便秘以外では、疲れやすくてむくみがある人や、赤い吹き出物はできる人、イライラしやすい人におすすめです。
 
●ポイント
松の実は、肌が潤い、咳止め、便秘の改善・アンチエイジングなどに効果がありますが、お腹を壊しやすい人や痰の多い人はあまり食べない方がいいです。カロリーも高いのでご注意ください。
 
#緑豆春雨 #ハトムギ #黒きくらげ #とうもろこし #焼き豚 #松の実 #白ゴマ #しょうゆ #酢 #はちみつ #ごま油


 
   
 
 

NEW ARTICLE

新着記事

[%new:新着%] [%title%]

 

おすすめ記事

薬膳で免疫力をアップしよう[竹田くらし薬膳本部講師]

薬膳は体調を整えるだけでなく、抵抗力を高めて自己治癒力を養うのにも役立ちます。
そこで今回は、薬膳で免疫力をアップする秘訣についてお話しします。