豆腐チャンプルー〈くらし薬膳〉

豆腐チャンプルー

調理時間:20分
材料(2~3人分)
  • 木綿豆腐      300g
  • 豚バラ肉(薄切り) 100g
  • 人参        1/2
  • ニラ        1/2
  • もやし       1/2
  • にんにく      1かけ
  • 卵         2
  • サラダ油      小さじ1
  • ごま油       大さじ1
  • 鶏ガラスープの素  大さじ1
  • しょうゆ      小さじ1
  • 塩こしょう     少々

 
●作り方 
1.豚バラ肉は5㎝幅くらいに切る。人参はせん切りに、ニラは5cm幅くらいに切る。にんにくは輪切りにする。
2.豆腐を水切りする。(急ぐ時は600wのレンジで2分くらいチンする)
3.フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、溶き卵を流し入れ、菜箸で大きくかき混ぜて半熟になったら取り出す。
4.同じフライパンにごま油を入れて、中火でにんにくと豚バラ肉を炒める。肉の色が変わったら人参を加えて炒め、人参がしんなりしてきたら豆腐を手で崩しながら加えて、豆腐に焼き色が付いたらひっくり返して両面を焼く。
5.もやしとニラを加えて混ぜ合わせ、鶏ガラスープの素、しょうゆ、塩こしょうで味付けをする。取り出しておいた卵を戻して、全体をよく混ぜ合わせれば出来あがり。
 
●コメント
沖縄の定番チャンプルーの一つ。沖縄らしく暑さを冷まして汗で失った潤いを補う組み合わせです。豆腐ともやしは解毒の食べ物なので、赤い吹き出物やかゆい湿疹ができる人にもおすすめです。
 
●ポイント
お豆腐は手で崩して入れると味が染みやすくなり、フライパンに入れたら触らず焼き色を付けることで崩れにくくなります。
 

沖縄では豆腐をよく食べます。豆腐は暑さを冷まして潤いを補い、体を乾燥から守ってくれます。沖縄の島豆腐の代わりに、木綿豆腐や焼き豆腐でも美味しく作れます。よく水切りをして炒めると崩れにくいです。(竹田あやこ)

 
#豆腐チャンプルー #沖縄 #おうち旅ごはん  


 
   
 
 

NEW ARTICLE

新着記事

[%new:新着%] [%title%]

 

おすすめ記事

薬膳で免疫力をアップしよう[竹田くらし薬膳本部講師]

薬膳は体調を整えるだけでなく、抵抗力を高めて自己治癒力を養うのにも役立ちます。
そこで今回は、薬膳で免疫力をアップする秘訣についてお話しします。